天然水比較ナビ - 口コミ・人気ランキングって?

水は人間にとって、なくてはならないとても大切なものですよね。ここで紹介するのはミネラルを豊富に含んだ天然水です。赤ちゃんにも安心して飲ませてあげる事が出来る安全な水です。水道水と比べて天然水を使用するとお茶やコーヒー、料理などの味がより一層美味しくなるのです。美容や健康の為にも、毎日飲む水だからこそこだわってみてはいかがでしょうか?

 

天然水とは?

一般的に天然水と呼ばれるものは、雨水が地層を通り、何年もかけてろ過されることで作られた水のことを指して言います。地層を通る過程でミネラル分を豊富に含んでいます。

 

よく、天然水とかミネラルウォータと呼ぶことがありますけど、天然水とミネラルウォーターの区別としては、自然の地層によってろ過された水が天然水で、人工的に作られたものを、ミネラルウォーターと呼ばれます。

 

天然水であっても人工的に、熱処理加工されるものもありますし、成分に調整を加えていないものを、ナチュラルウォーターとかナチュラルミネラルウォーターと呼ぶこともあります。いずれにしても、ミネラル分が含まれている水には変わりはないし、ミネラルウォーターにはミネラル成分の品質規定はないので、特にこだわる必要はないと思います。

 

天然水の用途は、ただ飲むだけではなく、お茶やコーヒー、紅茶をいれるときにも使えますし、お料理でも活躍しますよね。

 

天然水で、お茶やコーヒー、紅茶をいれると、よりいっそうおいしさが増しますし、お料理で使う場合でも、水道水より天然水を使ったほうが、美味しく仕上がります。特に、ご飯を炊くと、その違いがよくわかりますよ。

 

普通の水道水とくらべて、天然水でご飯を炊くと、お米がふっくらつややかに炊き上がって、甘みが引き立ちます。お釜のフタを開けたときの、あの炊きたての香りは格別ですよ。

 

水は毎日使うものですから、おいしくて、さらに健康や美容に良く、安心して飲めるものがいいですよね。


パナジウム天然水は何が違うの?

最近、バナジウム天然水が話題を集めていますね。

 

話題になっているから、なんとなく選んでいるという方は、多いと思います。

 

そこで、「パナジウム天然水は何が違うの?」ということを述べていきましょう。

 

バナジウム天然水と呼ばれるものは、他の天然水と違い、、バナジウムというミネラル分が含まれています。

 

このバナジウムというミネラルはどういうものかというと、血糖値を下げたり、血液をサラサラにする効果があると期待されているミネラル分です。

 

中村学園大学のグループによる研究では、バナジウムを含んだ水を飲むと、バナジウムを含まない水を飲む場合にくらべて、血液中のインスリン値が4分の3に抑えられた。という研究結果も出ています。

 

さらに、東京医科大学薬理学の渡辺泰雄助教授らの研究でも、1リットルあたり約65μgのバナジウムを含む水を、2カ月ほど飲んでいた結果、血糖値が低下して、安定してきたことが確認されました。

 

それが本当だとしたら、すごく良いと思いませんか?だって普通の水、または天然水よりも、パナジウム天然水のほうが、健康への効能が高いということが言えるのですから。

 

血糖値を下げるだけではなく、血液をサラサラにする効果もあるかもしれないということは、美容効果も期待できるということ。それは、注目を集めますよね。

 

しかも、バナジウム天然水は、スーパーやコンビニでも数多く販売されているので、手軽に入手できて、飲みたい時にいつでも飲めるというのがうれしいですよね。