天然水比較ガイド

天然水とRO水の違いは?

RO水。聞き慣れない名称ですが、実は飲料水や加工水原料として、世界的に広く活用されいます。

 

このRO水とは、私たちに馴染みの深い天然水と、どう違うのでしょうか?

 

天然水とは、雨水が地層を通り、何年もかけてろ過されることで作られた水で、地層を通る過程でミネラル分を豊富に含んでいます。加熱処理や殺菌処理を加える場合もありますが、極力自然の状態を維持したまま製品化されます。

 

一方、RO水とは逆浸透膜を通すことで、一切の不純物を取り除いた水のことを言います。

 

逆浸透膜とはろ過膜の一種で、水以外の不純物は通さない性質を持っています。そのため、キレイな水にはなりますが、ミネラル成分なども全て取り除いてしまいます。ですから採水地にこだわる必要はなく、使用する水には水道水を使います。

 

カンタンにまとめると、天然水は自然から採水されたもので、RO水は人工的に作られた水ということになります。

 

RO水は主に、水道水を源泉とする場合が多いのですが、中には天然からくみ上げたものを逆浸透膜でろ過している物もあります。その場合は、人工的にミネラル成分を添加することもあります。

 

市場に出回っている天然水は、各社とも安全性にこだわって製造していますが、より安全性を求めるならばRO水ということになるでしょう。

 

ですから、赤ちゃんがいるご家庭でミルク用に使いたい場合には、軟水の天然水でも支障はないのですが、RO水の方がより向いているといえます。

 

天然水は水質の違いや地域によって味や値段にばらつきが出てしまいますが、人工的につくられるRO水は無味無臭、さらに水道水を使用したり、彩水地にもこだわる必要がないため、低価格のものが多いようです。

 

目的や用途によって、天然水かRO水かを選ぶといいと思います。


富士山の銘水 クリティア

クリティアはバナジウムを多く含む富士山の天然水を加熱しないで利用している、ナチュラル天然水サーバーです。通常のミネラルウォーターは天然水といっても殺菌のために加熱処理が必要なものがほとんどのようです。しかし殺菌のための加熱処理によって原水が本来もっている深い風味やミネラル分が失われてしまうのです。しかしクリティアは品質にこだわりをもち、さらに原水の清浄度が高いことから加熱処理を必要としません。そのため、原水に本来含まれている酸素や炭酸ガスそして風味をそのままボトル封じ込め家庭でも他の商品と比較したときにさわやかでおいしい天然水を楽しむことができるのです。

 

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質

バナジウム天然水
1,700円/12リットル

無料 富士山バナジウム天然水