天然水比較ガイド

天然水と水道水の違いは?

水を使う際に、水道水と天然水のどちらが良いのか、迷うところですよね。

 

結局、天然水と水道水の違いは、どこにあるのでしょうか?

 

天然水は、雨水が自然の地層を通り、何年もかけてろ過されることで作られた水で、地層を通るプロセスでミネラル分を豊富に含んでいます。彩水地工場で加熱処理や殺菌処理を加える場合もありますが、安全性を保ちつつ、可能なかぎり自然の状態を維持したまま製品化され、市場にでまわります。

 

一方、世界でもトップクラスの安全性を誇る、日本の水道水。この水道水も川や湖から取水されるので、天然水と原水は同じと言えますが、その安全性を確保するために浄水場で殺菌と消毒を行います。その殺菌と消毒で使われるのが、塩化石灰です。

 

水道水をそのままで飲めるのは、この塩化石灰のおかげなのです。

 

取水される水に含まれた、有機物やアンモニア成分などがこの塩化石灰に反応、いわゆる「カルキ臭」を発生させてしまいますが、水道は現代の生活に必要不可欠なもので、とにかく清潔で安全であることが絶対条件とされます。つまり、水道水に求められるのは、おいしさよりも無害であることなのです。

 

「軟水」か「硬水」かを示す水の硬度については、取水される地域が同じならば、ほとんど変わりはありません。

 

天然水と水道水との最大の違いは、やはり「味」ということになります。

 

水道水は塩化石灰による殺菌と消毒を行っているのと、水道管の中を長い距離にわたって通っているため、どうしても匂いや、味がきになってしまいます。

 

天然水は豊富にミネラル成分を含んでいるため、そのミネラルバランスによっては質のいい味になります。

 

飲料用や料理に使うなら天然水。それ以外で使うなら水道水と、目的によって使い分けるといいでしょう。