天然水比較ガイド

天然水の硬水について

ヨーロッパから輸入させる、天然水には「硬水」と言われるミネラル分が豊富に含まれるものが多いですね。

 

この「硬水」とは具体的に、どういうものかというと、硬度が301から1000のものを「硬水」、1001以上のものを「超硬水」といいます。ちなみに「軟水」は硬度が100以下で、101から300のものを「中硬水」といいます。

 

硬度とはミネラル分、特にカルシウムとマグネシウムがどれくらい含まれているか、という目安となる数値です。

 

実は、この「硬水」には、うれしい効能があるのです。

 

「硬水」には、カルシウムやマグネシウム以外にも、からだの新陳代謝を高めたり、便秘解消や利尿作用を促して、体から老廃物を排出する効果のあるミネラルがたくさん含まれています。

 

このことからも「硬水の」効能として、ダイエット効果はよく知られていますよね。

 

その他にも、肝機能のケアや運動後のミネラル補給、妊婦さんのカルシウム補給などにも適しています。

 

また、飲み方に一工夫加えると、ミネラルの吸収率もアップします。

 

朝、起きてすぐに飲むのと、からだに吸収されるスピードが早いので効果的です。寝起きに一杯の水を摂るのは、体の機能面で一日を過ごすために大切ですから、おすすめです。

 

また、レモンやライムをしぼって入れたり、氷を入れたりすると、サッパリとした味になって飲みやすくなります。

 

「硬水」はスーパーやコンビニエンス・ストアなどでも手軽に手に入れることができますので、上手に「硬水」を日常生活に取り入れてください。