住宅ローンで一番気になる金利を比較

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査の合否は約1週間前後かかります。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

繰り上げ返済の条件で住宅ローンを選ぶ!【手数料条件のいい銀行は?】