審査の甘い住宅ローンに関する私の体験談

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
全体の約10%が手数料としてかかるようです。
ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。
この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。
具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。
住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。
審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

住宅ローン審査の甘い銀行はある?【審査が通らない方必見】